学校のカウンセラーに

学校のカウンセラーについて

学校のカウンセラーになるために

不登校やいじめ問題といった学業以外の教育が重要視される現代の学校の教育現場ではスクールカウンセラーの必要性が高まっています。したがって青少年の育成にかかわれる職業として注目されてきています。スクールカウンセラーになるにはどのような資格が必要なのか。代表的な資格は学校心理士や臨床心理士です。身につけなければならないスキルは、心理療法・発達心理学・社会心理学などですが、これらは机上の知識のみならず経験を持っているが大切です。つまりは、カウンセリング能力が必要です。採用試験は倍率が高く、実務経験が必要な条件となるなど非常に難関と言えます。

スクールカウンセラーとして働く

カウンセラーの仕事場は、クリニックなどの医療現場だけではありません。会社や学校で働いている人もいます。実際に働くためにはどうしたら良いでしょうか。まずはカウンセラーの専門教育を受けることです。心理学を学ぶことのできる大学と大学院で学び、臨床心理士の資格を取るなどの方法があります。学校で働くのであれば、ある程度は子どもに関する知識が必要となります。たとえば児童心理学や発達心理学をより詳しく学習することが大切といえるでしょう。どのような現場で働く場合にも共通していることは、経験です。経験を積むだけでなく、勉強会に参加するといった、自主的な学習も必要となります。

↑PAGE TOP

Copyright © 学校のカウンセラーについて All rights reserved